手術が必要な包茎の状況

青丸矢印真性包茎の詳しい状況

外科手術が必要な状況は以下の通りです。仮性包茎については個々の判断やセックスを行う時に支障があるか・ないかや衛生面で問題があるか、また個人のコンプレックス、陰毛を巻き込む事への嫌悪感や亀頭を傷付けてしまう事の回避など、必ずしも手術をする必要はないと考えます。ただし、他ページで述べているように女性からのイメージの問題、早漏を招く遠因になっているなど、仮性包茎であり外科手術をする必要がない場合でも、何らかの方法により仮性包茎を解消する事をオススメします。

青丸矢印亀頭と包皮が癒着

亀頭と包皮が生まれつき癒着していて、亀頭が露出しない(露出出来ない)場合に、性交に於いて精子を女性器の奥に充分に届けられないと考えられる場合、妊娠を望んでも成就出来ない可能性が高まるとも考えられる。

青丸矢印包皮輪が小さく亀頭が露出しない

包皮輪が狭く、物理的に亀頭が通過出来ずに露出しない場合。性交に支障が考えられる。また、亀頭と包皮の間に恥垢(ちこう)が溜まり悪臭を放つなど、衛生面からも手術を行い亀頭を露出出来るよう、包皮輪を拡げ(切り)拡大する事が望ましいとされる。

青丸矢印欧米では…

ちなみに欧米では宗教上の慣例から、幼少時に包皮を切除する、「割礼」(かつれい)が行われる国や地域があります。男性に限らず女性のクリトリス包皮を切除する例もあるようです。
包茎矯正 仮性包茎は自分で治せる
トップページに戻る

△ページ最上部へ
- mono space -